動物

【保護猫カフェ】東京キャットガーディアン大塚シェルターへ行ってきた

tokyocatphoto2

 

今回は猫の殺処分を減らすために色々な活動を行なっている”東京キャットガーディアンさん”の保護猫カフェ【大塚スカイシェルター】へ行ってきました。

 

NPO法人東京キャットガーディアンとは

 

東京キャットガーディアンでは捨て猫や野良猫などの行き場の無くなってしまった猫たちを減らしていくために、日本初となる保護猫カフェを運営している。

また、保健所や動物愛護センターなどの行政から猫を引き取り、飼いたい人に譲渡する地域猫活動を行なっている。

 

大塚スカイシェルターとは

 

「来て」「見て」「学んで」

 

の3つをキャッチコピーとした東京キャットガーディアンの開放型シェルターです。3つのキャッチコピーには何度でもお越し頂いて、ゆっくり猫たちと過ごして、少しづつ猫について知っていきましょうという意味が込められています。

ここは日本初となる里親を待つ、猫たちの譲渡会場、猫カフェ、猫関連のグッズのショップを兼ねたスペースとなっています。

猫の譲渡昨日の方だけでなく猫好きさんや猫と遊んでゆっくりしたいだけの方も楽しめる施設となっている。

 

大塚駅から徒歩5分くらいで着くのでアクセス抜群です

保護猫カフェの営業時間
平日14:00~19:00
土日祝日13:00~19:00
定休:火曜

 

 

中はどんな感じ?

 

外からは一般的なビルで看板とかも特に見当たらなかったので知らない人は、少し入りにくい雰囲気を感じました。

 

保護猫カフェはこのビルの5階にあります。

入り口を入ってすぐ左手にエレベーターがあるので5階へ向かいます。

 

入ると店内の注意事項などの説明と1000円以上の寄付をします。

この寄付が利用料金の代わりで、殺処分ゼロを目指した様々な活動に使われるという事なので、こちらとしてもとても嬉しいです。

中に入ると、猫達がいる部屋が4つあります。

 

中は2階だてになっていて
まず1階に3部屋と猫のグッズ販売スペースがあります。

 

2階に大きい部屋が1つでかなり快適な空間でした。

天窓があるので空が見え、適度に光が入ってくるので猫たちにも快適だと感じました。

私が簡易的に作った平面図がこちら

▲一階の様子

▲2階の様子

 

 

 

さらには平日の14時ということもあって、

猫がたくさんいる大空間を独り占めできちゃいました!

猫は2階に25頭ほどいたので、全体で100頭はいると思います。

 

入った瞬間にこの子が体をスリスリしてきました。

なかなか猫カフェでこんなに人間に近づいてくる猫はいないのでめちゃくちゃ嬉しかったのを覚えています。

 

14時でご飯を食べたあとだからか、他の子達はみんなおやすみモードでした。

なので、まったりと過ごすことができました。

中には漫画や本も置いてあるので座りながら読めちゃいます。

 

かなり人間に慣れている様子でしたが、中には怯えている子もいたので、無理して触れないようにそっとしてあげてくださいね。

いろんな子たちの寝顔を撮るぞと思って写真を撮っていたらまさかの膝の上に乗ってきたんです!

もう最高でした・・・

おそらくですがこのまま20分くらいは膝の上にいましたね。

 

 

気づいたら2時間くらい立っていました。

1000円では申し訳ないなとか思うくらい楽しめたし癒されました!
また、絶対に訪れたい場所です。

 

私が撮った写真はこちらです!

写真

tokyocatphoto2

 

里親希望者の流れ

 

流れとしては

 

  • [st-midasibox title=”ポイント” fontawesome=”fa-check-circle faa-ring animated” bordercolor=”#FFC107″ color=”” bgcolor=”#FFFDE7″ borderwidth=”” borderradius=”5″ titleweight=”bold”]
    • 面談の申し込み
    • 面談
    • 縁のある子を探す
    • 引き取りの決定
    [/st-midasibox]

という流れです。

 

東京キャットガーディアンの活動の基本は

 

「1頭でも多くの猫を助けること」

 


そのために必要なことは、一人でも多くの適正飼育の出来る里親さんを見つけてあげること、そして

「1頭でも不幸な子を増やさないこと」

 


そのために不妊手術を済ませた猫を譲渡しているそうです。

里親に興味がある方がいらっしゃいましたらHPをご覧ください。

 

 

”東京キャットガーディアン” は本当に色々な活動を行なっています。

保護猫カフェをはじめとし

野良猫、飼い主のいない猫の為の去勢・避妊手術専門の動物病院そとねこ病院」

日本初の試みである賃貸マンションに猫がついてくる「猫付きマンション」

キャットフードや猫砂など日常のお買い物で保護活動に参加出来る仕組みのShippoTV

などなど、、

他にも様々なことをしているんです。

 

少しでも

猫が好きで猫ちゃんたちを救いたい

 

という気持ちがあるのであれば、寄付やグッズを買って貢献することをお勧めいたします。

 

まとめ

 

大塚シェルターへ言ったことがない方はぜひ言ってみることをおすすめします。もしかしたら自分と相性のバッチリな猫ちゃんと運命的な出会いがある感もしれません。

 

また殺処分問題はご存知でしょうか?

捨てられた動物の殺処分が社会問題となっています。

平成27年度136,724 頭もの犬・猫が引き取られていて、その中で 82,902頭が殺処分されている。猫だけでも67091頭も毎年殺処分されているんです。

様々なボランティア団体などが色々な活動をしているおかげで少なくはなっていますがまだまだ34,854頭もの猫が毎年殺処分されている現状があります。(動物愛護管理行政事務提要より)

 

人はペットを飼いたいと感じた時、まず始めにペットショップへ行くことを考えると思います。

その理由として保健所は、一般的なイメージとしてまだまだ気軽に動物たちを見にいけるイメージがないです。それに対して、ペットショップは複合商業施設の一部にあったり、気軽に動物を見ることができるので、動物を飼うことが目的の人以外の人でも猫たちが目に入ることが多いです。

だから、ペットショップで猫を家族にする人がほとんどなのです。

しかし、

「殺処分」

という問題を知ったら絶対に里親になりたいと思うはずです。おそらくこの現状を知らない人がたくさんいるのではないかと私は考えています。なので、これからも猫や犬の現状をお伝えしていきたいと思います。

 

例えば、ドイツでは「ティアハイム」と言われる動物の保護施設が存在していて、ペットショップへ行くよりもまず「ティアハイム」へ行く人がほとんどだということ。

そもそも、ドイツにはペットショップというものがほとんどないらしいんです。こんな環境を日本にも実現できたらいいなと私は思っております。

ABOUT ME
tairu
たいると申します。 知識も経験もない中デザイナーとして独立して稼いでいます。 このブログではデザイナーになっての悩んだことや学んだことを発信していく他、愛犬達と旅するときの情報も発信していきます。