動物

保護猫カフェにゃんくる川崎店に行ってきました

保護猫カフェ にゃんくる 川崎店について

 

川崎駅から徒歩五分圏内にある保護猫カフェ「にゃんくる」川崎店

元々野良猫だった子や捨てられてしまった子など様々な過去をもつ猫たちが保護されて、その保護された猫たちを譲渡する目的で運営されている猫カフェ(保護猫カフェ)です。

にゃんくる川崎店にいる猫たちは事情がある

さらに、にゃんくる川崎店は保護猫カフェでもかなり珍しい

「猫エイズが陽性となってしまった猫スタッフ限定」の猫カフェなのです。

エイズと聞くとびっくりしてしまうかもしれませんが、人間とは違うものなので、人間への感染はないです。

ただ、猫エイズではない猫たちと同じ環境下では飼えません。

なので、こういった子たちは悲しい事に殺処分の優先順位が高く、若くて元気であるのに先に命を奪われてしまう事もあったそうです。

人間のエイズとは全くの別物なので人間への感染もないですし。

猫エイズの子達に触れたからといって家に帰って家猫に感染するという事例はないので、猫を飼っている人でも安心してご利用できます。

にゃんくるでの猫エイズ感染の心配はありません

  1. 人間への感染はない
  2. 猫エイズではない猫たちと同じ環境下では飼えない
  3. 触れても家の猫に感染する事例はない

 

詳しく猫エイズについて知りたい方はこちらの記事をみてください

 

気になる猫たちや施設情報

 

お店に入るとまずは受付で荷物をロッカーに置き、手洗いや消毒を済ませた後

にゃんくる川崎店にいる猫スタッフが
「猫エイズ」だという事やそれに対するご理解を得た上でのご利用になります。

 

ご利用するにあたっての注意点

 

ご利用での注意点が2あります。

一つは猫エイズの猫たちの表面的に見える特徴としては
「鼻水」があることです。なので、鼻水がひどい子がいた場合触れ合うと服を汚してしまう場合があるのでそれに関しても理解した上でご利用ください。

特別、服が汚れるなんてことはほとんどないとは思いますが、高級な服で来てしまって汚したくない!とかいう方がいれば、服を変えてから来た方が安心かもしれませんね。

二つ目はスタッフさんからのご利用の終了時間の合図などはありませんので、ご自分で時間の管理をしていただくことです。

これは入店の際にスタッフさんからもご案内があると思いますが、
猫たちのあまりの可愛さに時間を忘れて、最初に予定していた時間をオーバーしてしまうなどということがあるので注意が必要ですね。

  1. 猫の「鼻水」によって汚れる可能性がある
  2. 終了時間の合図はないので自分で時間を管理しておく必要がある

 

また、プランによってはドリンクが付くのですが、自分が欲しいと思ったタイミングでスタッフさんへお願いできるので、自分のペースで楽しめます。

猫の可愛さで興奮しすぎたら一度ドリンクを頂いて落ち着くのもまた一つの楽しみ方ですね!

にゃんくる川崎店の中はどうなっているのか?

 

お店の中は大きく分けて以下の2つの空間で別れています。

  1.  受付やお客さんが飲食を行うカフェスペース
  2.  猫たちと触れ合って楽しむスペース

 

お店全体としてはそこまで広くはないですが、

猫たちがいる空間はとても広くて猫たちもみんなのびのびと暮らしていました。

にゃんくる 川崎店に行った時の体験談

 

私が行ったのは平日の開店直後である11時ですが既に2名のお客さんが来ていました。
このお二人はお互いお一人でのご利用で常連さんだと思います。

私も一人での利用でしたが、受付から見える猫たちの様子を見てゆっくりと楽しみたいと思い、90分コースを選びました。

さて、消毒やスタッフさんからの説明を受け終わり猫たちがいる空間に一直線です。
扉を開けて入ると、なんと猫たちが寄ってくるではありませんか!

猫カフェって入ったは良いものも、猫たちがなかなか寄ってこなかったりして、

自分から寄って行ったりすることがほとんどだと思いますが、ここの猫たちはとても人懐っこくて新しく入ってきた新鮮な匂いにとても興味津々に近寄ってきます。

しかし5分くらい経つとそれも飽きたのか、猫たちは各々違う遊びを始めます。
それを眺めるのも猫カフェの醍醐味ですよね

今回は一匹の白い猫が膝の上に乗ってきてそこで寝てしまったので、30分以上はその場にいてその子を撫でたり、他の猫たちを眺めたりしていました。

店内の撮影は可能なので、猫の写真を撮ることが好きな私は一眼レフを持っていきまして写真をたくさん撮りました。皆さんが訪れる際はスマホなどで可愛い瞬間をたくさん撮ってみてくださいね

 

YouTubeににゃんくる川崎店の様子を動画としてアップロードしているので見てみてください。

 

里親として気になった猫を引き取ることができます。

 

はじめに記した通り、保護猫カフェであるにゃんくる川崎店では居場所のない猫たちの幸せを願って運営しております。なので、気になる猫がいればスタッフさんに声をかけて猫の里親になることも可能です。

ただ、譲渡の条件とかは厳しいのではないか?などと考える方もいらっしゃるとは思いますが、保護猫を譲渡するということは、その猫の命を預けるということです。

一度捨てられてしまった過去を持つ猫や、中にはひどい環境で育った子もいます。
その子たちが2度とそのような生活を送ることがなく幸せに暮らして欲しいという願いから保護猫カフェを運営しているのです。

なので、里親さんを見極めるのも一つの仕事であり命を預かっている使命でもあると思います。

なので、猫に対して真剣に向き合えるのかは厳しく判断されます。

もちろん里親が見つかることが一番だと思うので、「猫を飼うこと」に真剣に向き合っている方であれば間違いなく、里親になれると思いますよ!

まとめ

保護猫カフェでもなかなか珍しい「猫エイズスタッフ専門」の猫カフェでしたが、他の猫カフェと変わらずに楽しめるし、癒されました。

中で遊んでいたら、「猫エイズ」のことなんて忘れていましたからね。にゃんくる川崎店に訪れたことで猫エイズについても知れたのでとても良い経験になりました。猫好きにはぜひ行ってもらいたいお店ですね。

ABOUT ME
tairu
たいると申します。 知識も経験もない中デザイナーとして独立して稼いでいます。 このブログではデザイナーになっての悩んだことや学んだことを発信していく他、愛犬達と旅するときの情報も発信していきます。